スタッフブログ

sql

ディープラーニングを基本から学ぶ

Pythonでフルスクラッチのニューラルネットワークを学習しています。

 

 テレビや新聞、雑誌などさまざまなメディアで、AIやビッグデータという言葉を当たり前のように聞くようになりました。情報通信白書(総務省,2017)によると、本年は「ビッグデータ利活用元年」となる可能性がある、と報じられています。

 

そこで、自己啓発の一環として、AIやビッグデータを価値づけする技術について基礎から学ぼうと、ディープラーニングの勉強会に参加しています。勉強会の教科書は、オイラリー・ジャパン社の「ゼロから作るディープラーニング」という本です。この本の特徴は、ディープラーニングの諸理論をPythonのプログラムを通じて、まさに0から実装を学んでいくという、実践スタイルになっていることです。今後も、スタッフ視点で気づいたことをブログでご紹介したいと思います。

 

 データ分析や、ビッグデータ、人工知能(AI)といった技術に触れるプロジェクトに興味のある方は、是非「お問合せ」からお気軽にご連絡ください。JBIでも、マーケティングや、データ分析など、勉強会のご要望があれば、企画してみたいと考えています。2018年、さらにAIやビッグデータが身近になっている社会、楽しみですね。

 

≫ 続きを読む

2017/10/12 お勧めの書籍   admin

大阪でもシニアエンジニアの募集を開始!

大阪営業所では、シニアエンジニアの募集を開始しました。

大阪市内、京都、兵庫等、関西地域で就業したいシニアエンジニアの募集を開始しました。

フリーランスでシニアエンジニアの方も・・・・。
会社員をやめて 個人事業主として仕事も継続されているシニアエンジニアの方もお互いにwin-winで一緒に働けるといいですね。

・インフラ
・Oracle構築、チューニング
・プログラミング
・要件定義、設計書の作成 等々、今までのキャリアを生かして関西で一緒に働きましょう!

 

 

≫ 続きを読む

2015/08/10 ses_news   admin

制服おじさんは シニアエンジニア

行列のできる法律相談所 に出演していた今話題の制服おじさんは 職業はシニアエンジニアでした。

東京原宿 表参道 で 最近話題になっている 「制服おじさん」(通称、年齢52歳)はシニアエンジニアでしたね。ビジュアルを見ないでの、話し方や、英語のやり取りは、通常のきちんとした身なりを想像してしまうほどきちんとされていてびっくりしてしまいました。

見た目では無いとわかっていても・・・・。
仕事も継続されているということで、職場も認めているということなんですね。

仕事としてあたりまえ(国内で) と 今までのように思っていたことも時代とともに多様化している・・・・ という一つの例なのではと思いました。

多様化についていけるほど、まだまだ順応できませんが、彼に対して良いなと思ったことは、内気で悩みの多かった性格が、このビジュアルを実行したことにより、悩まなくなったことで明るくなれて日々が楽しくなった という部分です。

システムエンジニアという職業柄、悩みは多いと思います。
職場や、プロジェクト仲間など、意見の食い違いを統制するのは、以外に難しく 自分の真意で無い方向に進むことも多々あるのではないかな? と思います。

悩みが解消できる、別の何かが見つかると この制服おじさんのように 楽になるかもしれないですね。

 

 

 

≫ 続きを読む

2015/08/03 ses_news   admin

ses就業の秘訣

シニアエンジニアのよりよい環境での就業の秘訣は?

案件でもいろんな案件、開発スタッフ、取り巻く環境といろんな条件があります。sesで就業する場合、できるだけ自分の条件も加味してもらえるとよりより環境で働くことができますよね!

基本的なことになりますが、

1)就業時間は厳守しましょう
2)体調がすぐれないなど、事前の連絡はできる限り直接に!
3)挨拶も最低限 心がけましょう
4)報告・連絡・相談 は 自社以上に綿密にとったほうが自分のためです。
5)月末の報告書も忘れずに
6)悩みは ses担当スタッフに打ち明けてみてください。

実際の業務に関係の無いことでも、気持ちよく就業できなくなってしまうケースもあります。できる限り、仕事以外で迷惑をかけないように心がけることが基本です。

技術者は、自分では かなり伝えているつもり でも
以外に 相手に伝わっていない という コミュニケーションの問題をかかえています。

相手が親身に聞いてくれていればいいのですが、繁忙期など聞いているようでそのままになってしまうケースもあるので、

・質問したのに回答がなかなか戻ってこない
・意図したことと違う回答をもらってしまった・・・
・伝わっていないような気がする...

等々不安におもったときにもう一度確認する勇気をもてるといいですね。

 

≫ 続きを読む

2015/07/30 ses_news   admin
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 03-3437-0930

受付時間:平日
9:00〜17:00

FAX 03-3437-0968

受付時間
24時間受付